換気扇のお掃除について

 

 

換気扇のおそうじってどの位のペースでやってます?

 

レンジフードタイプの換気扇は最低でも半年に1回は掃除した方が良いっていうのは知っていましたか?

 

とはいってもレンジフードの中まで掃除している人なんてあまり居ないと思います。

 

  • 高い場所にある
  • バラし方が分からない
  • 準備が大変

 

こんな理由で放置している。
なんていう人も多いと思います。
私の周りの人に聞いてみても「表面の掃除はするけど中までは洗わない」という人が殆んどです。

 

でも実は換気扇を何年も放置なんて結構ヤバいんです。

 

何がヤバいのか?どうすればいいのか?わかりやすく紹介しちゃいます。

 

 

換気扇(レンジフード)の掃除をしないとどうなる?

 

レンジフードのバラし方が分からない方がめっちゃ多いのには驚きました。

 

バラし方が分からないという事はレンジフードの中を全く掃除したことがないという事ですから。

 

 

掃除したことのないレンジフードの中はどうなっているのでしょうか?

 

 

換気扇は油を含んだ蒸気を吸い込んでいます。
気化した油が換気扇の内部にくっついて油に戻ってしまいます。

 

なのでレンジフードの中は油でベトベト
さらに空気中の埃やカビも吸い込むので油と混じってかなり汚くなっています。

 

カビも発生しやすくあの嫌なゴキブリが好む環境になっています。

 

とても汚い油が垂れてきて料理の中に入ってしまったら大変です。

 

 

これだけでも結構ヤバいのに汚いだけじゃなくなく換気扇の吸い込みも悪くなります。
ファンの故障もしやすくなります。

 

なので換気扇を何年も放置している方はすぐにでも掃除した方が良いです。

 

 

どうやって掃除すればいいの?

 

 

レンジフードは高い所にあるのでバラすためには脚立などの安定した足場を用意する必要があります。

 

バラし方はレンジフードの種類によって様々ですが

  1. ネジを外してカバーを取る
  2. フィルターを外す
  3. シロッコファンを外す

 

シロッコファン

 

 

数年間放置していた場合レンジフードの中はこの画像よりもっともっと汚く油でギトギトになっています。
洗浄もかなり大変です。

 

 

4.バラし終わったら分解したものを重曹もしくは洗剤を入れたお湯に30分ほどつけておきます。

 

5.汚れが浮いてきたらブラシでゴシゴシ!綺麗になったら元に戻して完了です。

 

 

もしも自分でレンジフードをバラすなら電源を抜くかブレーカーを落としてから作業してくださいね。
作業中に誤ってボタンを押してしまい、けがをしてしてしまう事故も起きています。

 

 

自分でもできない事は無いのですが高い場所だし準備も大変なので、レンジフードの洗浄はプロに任せちゃった方が良いです。

 

 

おそうじ屋さんはこびり付いた油も業務用の洗剤やスチームを使って綺麗に落としてくれます。

 

特に汚れの酷い最初の一回目はプロにお願いしちゃった方が楽ちんです。
最低でも半年に一回は洗浄するようにしましょう。

 

おそうじはどこに頼めばいいのか?という疑問が出てくると思いますが値段が安くて信頼度が高い所を紹介しておきます。
業者選びも結構大変ですから。

 

 

おそうじ本舗激安キャンペーン中
ハウスクリーニングなら【おそうじ本舗】

 

 

 

 

 

プロペラタイプは簡単なので自分で掃除しちゃおう

 

プロペラタイプの換気扇はバラすのも掃除するのも簡単なので自分でやっちゃいましょう。

 

 

このタイプです。
賃貸や古めのお家でまだまだ見かけます。

 

  1. 周りのカバーはツメでハマっているので引っ張れば外れます。
  2. プロペラを押さえながら真ん中の丸いカバーを左に回すとプロペラが取れます。

 

バラせたらキッチンハイターをかけて5分位置いて洗い流せば綺麗になります。

 

これなら自分でも出来ますね。

 

 

 

プロペラタイプは自分で掃除して、レンジフードタイプはプロに頼んでしまうのが良いですね。

 

おそうじ本舗はレンジフードのみの掃除も頼むことが出来て便利です。
エアコンクリーニングも人気です。

 

 

毎月キャンペーンをやっているのでチェックしてみてくださいね。

 

おそうじ本舗レンジフードの単価をチェック:ハウスクリーニングなら【おそうじ本舗】